院長挨拶

松尾典夫(まつおのりお)

 

病院長をさせて頂いている松尾典夫です。生まれは福岡の平尾ですが、幼稚園に入るときから小倉で過ごしました。あかつき幼稚園⇒貴船小学校⇒明治学園小・中学校⇒小倉高校と小倉で過ごし、甲子園球場から車で3~5分のところにある兵庫医科大学を卒業しました。

 


 大学卒業後は、病院が出来て2年目の昭和55年、北九州市の折尾にある産業医科大学病院の第2内科に臨床研修医として入局させていただきました。一言では言い表せませんが、一人の臨床医としてのアイデンティティーと基礎を学ばせていただきました。

 

第2内科を辞して、平成3年から松尾病院に勤務しています。松尾病院で精神科医としての修行を受けた後、平成7年に厚生省より精神保健指定医に指定され、平成9年から現在の院長職をさせていただいています。

 

現在は自分の勤める病院のためだけでなく、日本精神神経学会の指導医・専門医など、病院外でも地域の精神保健・医療・福祉のために多数の職務を兼任しています。

 

病院長としては、松尾病院が『上質な精神科医療を提供している病院』であり『地域になくてはならない病院』であろう、あり続けようと努力しています。

病院概要

開設者 松尾 典夫
管理者 松尾 典夫
病棟単位

精神科急性期治療病棟(37床) 1単位
精神科療養病棟(59床) 2単位
精神科一般(3:1看護)病棟(59床)1単位
精神科一般(3:1看護)病棟(52床)1単位
精神科一般(3:1看護)病棟(60床)1単位

併設施設 精神科デイケア(大規模)

 

昭和36年2月1日 個人病院として設立(42床)。病院長 松尾典臣。
昭和39年12月13日 日本初の院内断酒会(禁酒会)開設。(九州初の断酒会)
昭和49年2月1日 福岡県初の精神科作業療法施設承認。
昭和59年12月10日 医療法人社団天臣会 松尾病院へ。理事長兼務病院長 松尾典臣。
昭和60年7月1日 精神科デイケア開設(当地では初)。
平成24年1月15日 理事長兼務病院長 松尾典夫。
平成24年4月1日 特定医療法人社団 天臣会 松尾病院。理事長兼務病院長 松尾典夫。
平成24年7月2日 特定医療法人天臣会 松尾病院。理事長兼務病院長 松尾典夫(登記完了)。

昭和36年(1961年)2月1日開院。病床数は昭和63年に最大の369床を数えましたが、現在は332床です。 平成16年に332床のうち220床の病棟アメニティの改善を完了しました。

 

昭和39年「禁酒会」という名前の、九州初の断酒会が院内に発足(院内断酒会としては日本で初めて)、 昭和49年には作業療法をいち早く開始(福岡県承認番号第一号)、昭和60年には精神科デイケアをいち早く開始(福岡県承認番号第5号、北九州地区では初)。